Blog&column
ブログ・コラム

無垢材家具の特徴(メリット・デメリット)

query_builder 2022/05/13
コラム
12
天然の木を乾燥させただけの無垢材は、木本来の良さを感じられる素材です。
だからこそ温かみのある雰囲気を演出したい方には、無垢材を使用している家具がぴったりですよ。
もちろんメリットがある反面デメリットもありますので、今回は無垢材家具の特徴についてお話していきますね。

▼無垢材家具の特徴
■メリット
無垢材を使用した家具の魅力、なんといっても天然木そのものの美しさを表現できることです。
自然が作り出した木目は、二つとない美しさを持ち合わせています。

そのため同じ形の家具であっても、ひとつひとつに違った表情があるんです。
さらに無垢材を家具として加工しても、素材自体は呼吸をしています。
月日が経つごとに熟成され、より木の味わいが深まるのです。
経年劣化さえ堪能でき、香りや肌触り・温かみを感じられるなんてとても魅力ですよね。

■デメリット
メリットがある反面、もちろんデメリットもあります。
無垢材を使用した家具のデメリットとしては、環境の変化に弱いことです。

上述したように無垢材は生きているので、温度や湿気などによって伸び縮みをしてしまいます。
伸びたり縮んだりしてしまうと、反りやひび割れなどのリスクが生じてしまうのです。
天然木だからこそ、生じてしまうデメリットと言えますね。

▼メンテナンスが大切
無垢材を使用した家具の表面は、加工がされていません。
そのため水や汚れが付いた際は、キレイにお手入れしましょう。
こまめにメンテナンスを行うことが、無垢材家具を長持ちさせるコツですよ。

▼まとめ
無垢材家具は、天然木の本来の美しさを感じられることが大きな魅力です。
また月日が経つごとに新たな魅力が生まれ、さらに愛着が深まる家具と言えるでしょう。
天然木だからこそのメリット・デメリットがありますので、特徴をしっかりと把握したうえで検討してくださいね。

NEW

  • 事務所工事中

    query_builder 2022/05/13
  • コンセント追加における増設工事の費用とは

    query_builder 2022/05/17
  • 無垢材家具の特徴(メリット・デメリット)

    query_builder 2022/05/13
  • 美容室の内装工事にかかる費用の相場はいくらぐらい?

    query_builder 2022/05/05

CATEGORY

ARCHIVE